デンタルケア

店内イメージ

 

アウェイクでは愛犬の健康のために歯磨きをおすすめしております。後悔する前に一緒に愛犬の歯を守ってあげましょう。

犬の歯の問題

本的に犬の歯は虫歯になりにくい性質をもっています。歯磨きは人間のように虫歯の予防にするわけではなく、歯周病を防ぐ目的があります。3歳以上のわんちゃんの80%が歯周病になっているといわれています。では、犬の歯磨きしないを事でかかる「歯周病」についてみてみましょう。

犬の歯周病とは

歯周病とは、歯の表面などで細菌が毒素をつくり、歯茎や骨に炎症を起こした状態を歯周病といいます。本来、ピンク色をした歯肉は、炎症を起こすとはれて赤くなります。症状が進むと、口の中の出血や、口臭、食欲が低下するなど、最終的には歯がグラグラして歯が抜け落ちるなどの症状が現れます。

また、歯周病の進行は、上記の写真の通り口の中だけでなく鼻や目、内臓などにも様々な症状をひきおこします。犬の上顎の、歯槽骨の上には鼻腔があります。そのため、歯周病が悪化すると歯根部の感染が鼻腔に穴をあけてしまい、それが原因で鼻腔炎をおこします。

くしゃみ、鼻水が出たり、鼻から黄色い膿が出たりすることがあります。そして、歯の炎症と感染が目の下に広がることもあります。たまった膿が、目の下(頬の上の部分)の皮膚をやぶって出血します。最初は目の下の皮膚が膿がたまることによって、ぷっくりと腫れてきます。

そして破裂して膿が出てくるのです。抗生物質などの治療で一時的に治ることもありますが、原因となっている歯に歯石がついて、歯周病になっているかぎり、再発する可能性が大きいです。再発を予防するためにも、原因となっている歯を抜歯することで治療をします。

また、歯周病が進行すると、細菌が血管から血流にのって心臓や腎臓、肝臓などにたどりつき最悪の場合、「内臓疾患」を併発することがあります。

歯周病になりやすい犬

歯周病を患いやすい犬種は、以下のような犬種になります。
小型犬
パグやシーズーなどの短頭種
高齢犬
免疫力が低下した犬
口腔内のケア不足の犬

小型で歯の手入れが難しい犬種や、免疫や体力が落ち、病気を発症しやすいわんちゃんも、注意が必要です。

犬の歯周病の原因

主な原因は口の中に歯垢がたまることです。歯垢がたまったままにしていると、繁殖した細菌により歯肉が炎症を起こして歯肉炎になります。歯垢は数日で石灰化して歯石となります。歯肉炎を放っておくと歯肉以外の歯周組織にも炎症がおこり、歯周病となってしまいます。つまり歯磨きで大元の歯垢をとってあげることで歯周病が防げるのです。

ひどくなってから動物病院に連れて行くと、麻酔を打つ高いリスクになる場合もあります。

そうなる前に・・・ご相談も承ります。お気軽にご相談下さい。

実際やってみたけど、歯の手入れが難しい・・と言う飼い主さんに!!

当店では、施術代¥500~(税抜き)、歯ブラシ代¥734円(360度ブラシ付き)で承り中です。お家に歯ブラシある方は持ち込みもOKです。

+口臭・除菌・歯石除去効果にジェルタイプの歯磨き粉(プラーククリーン)も一緒につけて、1本1本丁寧に磨きあげますので、ぜひお試しください。

 

店内イメージ

 

2018年01月24日